川井郁子デビュー20周年音楽舞台
「月に抱かれた日・序章」~ガラシャとマリー・アントワネット~
Ikuko Kawai’s Unframed Opera "The Moment Fascinated by the Moon" - Grazia and Marie -

川井郁子

2020年にデビュー20周年を迎えたヴァイオリニスト・川井郁子が企画、原作、演出、音楽、出演を担う新たな音楽舞台! マリー・アントワネットが死の直前に妹に宛てた手紙には「私もガラシャのように潔く最期を迎えます」と綴られています。歴史の転換期に誇り高く散った細川ガラシャの物語は、宣教師により17世紀ヨーロッパに伝えられ、オペラ化されたその作品はマリア・テレージアや壮絶な最期を遂げるマリー・アントワネットも鑑賞、ハフスブルク家の人々に大きな影響をもたらしました。


本公演は、音楽家・川井郁子ならではの視点から、波乱万丈の人生を歩んだガラシャの心理に迫り、音楽舞台とコンサートの2部構成でお届けいたします。


川井郁子のヴァイオリンに、和楽器等を加えた特別編成オーケストラ、ホログラム映像など、芸術分野が越境して化学反応を生み出す、ドラマティックな新芸術の舞台をご期待ください。

川井郁子オフィシャルサイト

川井郁子オフィシャルチャンネル(Ikuko Kawai Official Channel)

NEWS

2021年9月10日

公演概要を更新しました。

2021年6月1日

東京渋谷・ユーロライブにて舞台映像記録試写会開催(関係者対象)
①11:30 ②13:30 ③15:30 ④17:30 ⑤19:00

2021年6月1日

公式サイトがオープンしました。川井郁子のUnframedなニュースをお届けします!

FaceBook

ストーリー

1793年、パリ。死刑執行の時を待つマリー・アントワネットは、少女の頃に観たオペラを回想している。
それは遠い異国の「強き貴婦人 ガラシャ」の物語。


「ガラシャのように、私は誇り高く最期を迎えられるのだろうか」


すると鳥を抱いた不思議な看守が現れ、ガラシャのところに案内すると言う。


細川ガラシャ(玉)は、父・明智光秀が謀反を起こし、
本能寺で主君・織田信長を討ったために、夫・忠興によって人里離れた山奥に幽閉された。


不信に塗れ、絶望するガラシャの元に不思議な笛の男が現れ、ガラシャは信じる心を取り戻していく。


その揺るぎない真心に打たれ、洗礼を受けたガラシャは、神の元に夫への愛を取り戻す。


しかし、夫婦の平穏な日々も束の間、天下分け目の戦いが目前に迫っていた。


ガラシャは神の子として、武士の娘として、静かな覚悟を胸に秘めるのだった。

舞台写真
舞台写真
舞台写真
舞台写真

公演概要

公演名

川井郁子デビュー20周年音楽舞台

「月に抱かれた日・序章」~ガラシャとマリー・アントワネット~

Ikuko Kawai’s Unframed Opera "The Moment Fascinated by the Moon" - Grazia and Marie -

日程・会場

《東京公演 / Tokyo》
2021年

12月10日(金)18時開場:19時開演

12月11日(土)12時開場:13時開演

12月11日(土)16時開場:17時開演

12月12日(日)12時開場:13時開演

12月12日(日)16時開場:17時開演

December 10th, 11th, 12th 2021

会場:新国立劇場 中劇場

New National Theatre, Tokyo. PLAY HOUSE


大阪公演 ほか

  • ※詳細が決まり次第、ホームページ等でご案内させていただきます。

チケット

全席指定 9,000円(税込)

  • ※未就学児入場不可
  • ※一般発売:◎受付期間 2021年11月13日(土)10時予定

お問合せ

アイケイ・オフィス

unframed@ik-office.jp

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube「Ikuko Kawai Official Channel」